この度の豪雨被害に 心からお見舞い申し上げます。

 

 7月の豪雨では、土砂崩れや堤防の決壊等により、かけがえのない人命や土地・家屋が奪われ、多くの方が被災されました。「こころのスキルアップ四国地区研修会」も開催するか否かを検討しましたが、熱心な皆様からのご要望を受け、8/26に予定通り実施いたしました。例年以上に熱心な質疑応答が交わされ、温かい雰囲気の中で研修会が終了しましたことをご報告し、御礼申し上げます。 

 

 

「認知行動療法教育研究会 四国推進委員会」は、20144月に誕生し、教師、臨床心理士、看護師、保健師、司法・福祉関係職員、また特別役員として、医師、弁護士など、子どもに関わる者が集まり、それぞれの分野にCBTを取り入れる試みを実践しています。またその活動を通して、分野ごとに単発的に行っていることをつなぐ連携の役目も果たしています。

 

 四国推進委員会では、被災された方々への支援に携わる皆様方のお役に立てればと考え、今夏から、以下のように、CBTの具体的支援策を取り入れた研修会を行ってきました。

 

 7/26 平成30年度思春期のメンタルヘルス支援対策研修会(実践支援)

    「いじめ予防、自殺防止のための こころのスキルアップ教育」

    (於:愛媛県地方局)

 

 8/2  平成30年度思春期のメンタルヘルス支援対策研修会(実践支援)

    「学校で活用できる認知行動療法」(於:愛媛県八幡浜地方局)

  

 9/26 平成30年度思春期のメンタルヘルス支援対策研修会(実践支援)

    「死にたい気持ちを打ち明けられた時」(於:愛媛県地方局)

 

11/13 「支援者のための認知行動療法」(於:愛媛県林業会館)

 

 ※7月の研修は、交通状況の悪化等の事情で、一部が中止になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  1.  

         

  1.