高校生を対象とした「心のスキルアップ講座」が、いじめの予防的アプローチとして有効であるという 四国推進委員長の論文が『精神療法』に掲載されました。

 

いじめの予防的アプローチとしての「心のスキルアップ講座」の実践と検証  

 桐木 玉美(2018)『精神療法』第44巻 第5号

 

  本研究では、高校生を対象に「心のスキルアップ講座」を実施し、いじめの予防効果について、ストレス、怒り、いじめ加害親和性等の指標をもとに分析を試みた。研究を通して、集団の円滑なコミュニケーションを育みながら、ストレスや怒りに適切に対処する力や傷つきからの回復力を培う本講座が、いじめ予防のための包括的なプログラムになりうることが示唆された。

 

 

 

◇「認知行動療法教育研究会 四国推進委員会」は、20144月に誕生し、教師、臨床心理士、看護師、保健師、司法・福祉関係職員、また特別役員として医師、弁護士など、子どもに関わる者が集まり、それぞれの分野にCBTを取り入れる試みを実践しています。またその活動を通して、分野ごとに単発的に行っていることをつなぐ連携の役目も果たしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  1.  

         

  1.