名古屋ワークショップのご案内

【愛知県教育委員会後援】

 

学校関係者のための認知行動療法ワークショップ(入門編

   ~しなやかな心を育む「こころのスキルアップ教育」の提案~

 

【テーマ】 認知行動療法のエッセンスを学校での教育活動に生かそう

【主催者】 認知行動療法教育研究会 名古屋推進委員会

【開催日】 2016年8月27日(土)10:00~16:00

                    (9:30受付開始)

【会場名】  名古屋企業福祉会館 第5会議室 

      〒 460-0011 名古屋市中区大須二丁目19番地36号 

 ℡ 052-221-6721

 会場ホームページ: http://fukushi-kaikan.com/

 

【講師】 認知行動療法教育研究会 名古屋推進委員会スタッフ

     中野有美  椙山女学園大学人間関係学部准教授(医学博士)

     谷口陽一、太田久美、青山岳史、澤上大貴、安藤宜尚(全員教員)

 

【内容】 「うつ病」「不安障害」に対して高い改善効果が立証されている認知   

     行動療法。 精神医療分野はもとより、福祉、教育などの分野からも注 

     目が高まっています。  認知行動療法は特殊な精神療法ではありませ

     ん。その中核をなすのは「気分(感情) は、そのときの思考に影響さ

     れる」という、日常生活の中で私たちが経験的に知っている原理で

     す。本研究会では

     ①    認知行動療法のエッセンスを、「こころのスキル」として子どもた

        ちに習得させる方法

  ②    認知行動療法の考え方や技法を学校教育場面で活用する方法

             

               などについて研究しております。

 

 今回のワークショップでは、認知行動療法の概要を説明したうえで、そのエッセンスが学校の教育活動でどのように活用できるかについて、3つのワークから紹介いたします。一日のワークショップを通して、2学期からの教育活動の参考にして頂けたらと思います。

 

【日程】(午前) 1 認知行動療法の概要

             2 子どもの行動の前後に注目しよう

              (応用行動分析の視点から)

              (午後)   3 不登校の子どもへの支援

                                   4 「こころのスキルアップ教育」授業案の紹介      

                                   ~認知行動療法のエッセンスを授業に取り入れる~ 

                            ※全11時間分のカリキュラムから、第1時の模擬授業を体験

 

【対象】 教育関係者全般

【参加費】2000円(会場・諸経費代として) 

【定員】 40名程度

【申し込み期間】2016年6月1日~8月20日

【申し込み方法】下のフォームからお願いします。

URL  http://www.cbt-education.org/ 

【主催者の担当者名】  安藤宜尚(認知行動療法教育研究会 名古屋推進委員会事務担当)

【問い合わせ電話番号】 なし

【メールアドレス】 apply@cbt-education.org

平成28年度名古屋ワークショップ要項
28年度名古屋ワークショップ要項.pdf
PDFファイル 712.5 KB

シェアボタンはこちら